マイグレーションコンペティション 2018 WINTER レポート

こんにちは。
プロフェッショナルサービスグループで
細々とエンジニアをやっております。安田です。

先日、マイグレーションコンペティションというイベントへ参加してきましたので
紹介も兼ねて、振り返りをばと思います。

マイグレーションコンペティションとは?

弊社も会員を務めさせていただいている、日本MSP協会主催主催のイベントです。
イベント内容は……

日本MSP協会のコンペティション担当による、運用技術を競うコンペティションです。
次代を担う若手運用技術者同士の交流・競争を通して日本のMSP事業者における運用技術の向上を目的としています。

(マイグレーションコンペティション 2018 WINTER 開催します より)

とのことです!

若手運用技術者向けの大会のため、三十歳以下のレギュレーションがありました。
という事は、わたくし安田は三十歳以下の若手という事ですね!

 

当日の日程

会場: 日本マイクロソフト

  • 09:30 開場
  • 10:00 開会式
  • 10:30 競技開始(開会式終了し次第開始)
  • 17:00 競技終了・懇親会開始
  • 19:00 結果発表
  • 20:00 懇親会終了

では順を追って振り返りましょう!

 

09:30 開場

初対面の方から大抵 10 歳は老けて見られるんですよ、自分。
受付を無事通過。個人的な最大の懸念点、クリア。

 

10:00 開会式

会場の注意点、使用ツールの確認(参加者同士、運営側とのやり取りは Slack で行われました)
そして 1 チーム 3~4 人になるよう、チーム分けが行われました。

その後いよいよ、本日の競技内容が公開!

お題:とあるECサイトを移行します。
いま動いているシステムを新しい環境に移行して欲しい。

[要望的な何か]
- 今の環境を新しい環境に完全移行して欲しいです。
- 実施した内容と結果については報告が欲しいです。
- システムを止めるときは利用者に告知が必要なので連絡が欲しいです。
- できれば昔から使っている古い環境なので、バージョンアップして欲しいです。
- できれば利用者に影響を出さないように切り替えたいです。
- できればサーバに関する資料があるとありがたいです。
- できれば今はまったくバックアップを取っていないのでバックアップを取れるようにしたいです
- できれば今後は利用者が増えるのでシステムを冗長化したいです。
- できれば新しいインフラエンジニアに引継ぎするために必要な情報がまとまっていると嬉しいです。

[担当者のコメント]
- 体制変更とかいろいろありまして、システムが分かる人がいなくなってしまいました。
- 結構前から使っているので、いいタイミングなのでリフレッシュしたいなと思っています。
- サイト上での商売は続いているので、できるだけ利用者さんに影響が少ないと嬉しいです。
- そうそう、近々新しいインフラエンジニアが入社予定だから、その方に引き継げるようになっていると嬉しいですね。
- 本当はいろいろとナウっぽいこともしていい感じにしていきたいんですよ。

コンペティション運営チームを顧客と見立て
実際の MSP 業務としてある、環境の移行案件を行え!
というミッションですね。

 

10:30 競技開始(開会式終了し次第開始)

さてこの段階で我々には、前述のお題に加え以下情報が展開されています。

  • 移行を行うサーバのログイン情報
  • EC サイトなのでサイトの URL や管理画面のログイン情報
  • 移行元のクラウド基盤情報(今回はAWSでした)
  • 移行先のクラウド基盤情報(今回はAzureでした)

最低限の情報という感じですね。
詳しい情報は顧客役のイベント運営チームに都度ヒアリングを行い
また、顧客が把握できていない(設定の)情報については、一から調べていくというスタイル。
とても実務的です。

では、ここからは私の所属したチームの取り組みハイライトを
書いていきたいと思います。

 

1.  まずはチーム内で自己紹介をして
時間の使い方・進め方について、相談をすることからはじめました。
この後、作業を分業しつつ進めるわけですが、後々振り返ってみるとこの自己紹介の段階で
個々人のスキルセットまで言及できていれば、より効率の良い作業分担ができたかなぁとも思います。

 

2.  ある程度進め方の方針が決まった段階で、現環境の調査を開始。
まずどんなソフトウェアが動いてるのか、ざっくり判明した段階で
継続して調査をする人、引っ越し先のクラウド基盤に空のサーバを立てる人に分担を行い
またこの時点で引っ越し先の構成 ver.1 は以下として目標を設定しました。

[インターネット] --- [ WEB サーバ] --- [ DB サーバ ]

図示するまでもないですかね……とってもシンプル。
最終的に、この構成でリリース・競技終了となりました。

 

3.  既存環境の調査も進み、引っ越し先の環境もOSの初期設定などが済んだため
引っ越し先構築班は、ミドルウェアのインストール・セットアップを行います。
既存環境の調査履歴は、スプレットシート上で共有していただき
バージョン差異などちまちま調整しながら、設定の移植を行います。
既存環境調査班は、EC サイト動作のためのデータの調査へと駒を進め
いかにして引っ越し先に同期するか、そもそも、そのまま移せるものかなどを検討していました。

 

4.  お昼のお弁当アナウンス。お腹がすいていたので、私は真っ先に取りに行きます。

食事をとりながら、午後の進め方と納品環境の落としどころを相談しました。

 

5.  食事がおわったら、引き続き分担作業を黙々と進めていきます。
途中運営チームからの罠イベント(?)がありましたが、それもパスし、そこそこ予定通りに進んでいました。

 

6.  なんとおやつも出ました。コーヒー付き。
至れり尽くせりですね。真っ先に行きましたとも。はい。

 

7.  そろそろ時間がヤバいぞ、という事で顧客役の運営側と環境切り替えの相談
DNS 変更等切り替え等、メンテナンスとして対応してほしい内容の依頼と時間について承認を取り
移行作業の手順を作成。ここはみんなで調査作業の履歴、得意分野などから組みました。

 

8.  いよいよ時間がヤバいぞ、という事でいざ切り替え
ここでは全員で切り替えに立ち会うのではなく
切り替え作業を行う人、提出資料を纏めてしまう人に分かれて行いました。
この切り替えの瞬間が、今回の競技の花ではあったかと思うのですが
これを含め分業をコツコツやっていたのは結果的にうまく作用したように感じます。

 

9.  切り替え後、アクセスを確認してもらい OK とのこと
資料納品して、我々は競技終了です。時間一杯つかいました。

 

という感じだったかと思います!
疲労のせいか、全体的な記憶が曖昧なので間違っているかもですが
参加者だったということで、ひとつご勘弁を……

という事で、最終的に出されたお題に対する達成度合はこんな感じかと思います。

[要望的な何か]
- 今の環境を新しい環境に完全移行して欲しいです。 : 〇
- 実施した内容と結果については報告が欲しいです。 : 〇
- システムを止めるときは利用者に告知が必要なので連絡が欲しいです。 : 〇
- できれば昔から使っている古い環境なので、バージョンアップして欲しいです。: 〇
- できれば利用者に影響を出さないように切り替えたいです。 : △
- できればサーバに関する資料があるとありがたいです。 : 〇
- できれば今はまったくバックアップを取っていないので
バックアップを取れるようにしたいです。 : △
- できれば今後は利用者が増えるのでシステムを冗長化したいです。 : ×
- できれば新しいインフラエンジニアに引継ぎするために
必要な情報がまとまっていると嬉しいです。 : △

ちょっと甘めかもしれません!

では、以降はまた日程に沿って振り返ります。

 

17:00 競技終了・懇親会開始

何はともあれ、移設自体はできたので、ホッとしながら競技場の隣の会場へ移動。
各チーム “イケた” “ダメそう” など振り返りつつ、他のチームとも活発に意見交換をしておりました。

結果が発表されるまで、食事も酒も喉を通らない!とおっしゃる方もいたりして
改めて皆さんの情熱が垣間見れる時間でした。
(そんな中、のほほんとご飯を頂いており、恐縮です……)

 

19:00 結果発表

今更ながら、わたくし “チーム1” に所属させていただいていたのですが

(運営委員の、株式会社ハートビーツ馬場さんより、アナウンスいただきました!)

な、なんと!!
準優勝でございます!!

 

思わず “うっそぉ” なんてつぶやいてしまいましたが
すみません、嫌みとかじゃないんです……

でも後々、懇親会第二部で
他のチームの方の構成や、競技の取り組み方を再度踏み込んで聞いて
腑に落ちる点も多くあったので、素直にうれしく思います。

各チーム毎の採点や減点箇所などの詳細な解説は
イベント運営側からは、敢えて展開されないようでした。

私が受けた印象では、カッコいい構成で移行したチームも多かった中
手堅い構成で準優勝をいただけたのは、技術的な芸術点より
お題に “より業務的に” アプローチできたかという点の比重が
結果への影響力が大きかったのかなぁと思います。

改めて、チーム1の皆さん、ありがとうございました。
結果もそうですが、移行作業自体、技術的な面や進め方の面において
とても勉強になる、貴重な体験をさせていただきました。

また、優勝チームの皆さん、おめでとうございます!
凄かったですね、歓喜の声!

なんと事前に connpass の募集ページに
仮としながらも、競技概要が案内されていたたため
その内容から、お題となるソフトウェアを特定して
事前に移設検証して臨んだ(!)方もいらっしゃったとのことで

情熱あふれる方々の姿を見れて、とてもよい刺激を受けました。
今日もエンジニア頑張ろう。

 

20:00 懇親会終了

会場で余ったチューハイとジュースをしこたま抱えて帰宅。
翌日やや筋肉痛。

 

おわりに

本当に、仕事とはまた違った疲弊の仕方をしましたが
とても楽しいイベントでした。
こういう機会、もっと増えたらいいですね。

本イベントは定期的に行われるようなので
ご興味ある若手の方は、次回ぜひエントリーしてみてはいかがでしょうか?
年々レベルが上がっているらしく、噂では次回は賞金も大幅 UP するとかしないとか!

イベントについては日本MSP協会のWEBページに掲載されると思いますので、要ウォッチ。

 


また今回、引っ越し先の環境は Azure でした。
弊社では、Azure についての社外向けセミナーを3月8日(木)に予定しております。

第11回Xseed主催セミナー『Azure IaaS基礎ハンズオン』
日付 :2018年3月8日(木)
時間 :14時00分 ~ 18時00分(受付開始:13時30分)
場所 :株式会社エクシード 高輪オフィス
費用 :無料
定員 :16名

お申し込みは、2/8(木)10:00より
エクシード公式Connpassページから受付開始いたします。

他にも、社外向けセミナーを随時開催する予定ですので
そちらも是非、ウォッチいただければ幸いです!