Azure最新アップデート – Recovery ServiceのログをLog Analyticsで監視 –

Xseedブログをご覧の皆様。
どうも。プロフェッショナルサービスグループの鶴見です。 少し間が開いてしまいましたね。(というよりも私の稚拙な記事ばかりで申し訳ございません。)
本日も本日とてAzureのアップデートに関して書いていきたいと思います。

今回はRecovery ServiceのログをLog Analyticsで監視といった内容です。
正直最新のアップデートではなく前からあった機能な気もしますが、AzureのBlogに取り上げられていたのでこちらでも取り上げてみようかと思った次第です。

このRecovery ServiceとLog Analyticsの統合によって、成功/失敗数や使用ストレージ容量、発行アラート数、バックアップリソース一覧及びバックアップ回数などを確認することが出来ます!
Recovery Service側のメニューからも確認できる内容ですが、他のデータと一緒にLog Analyticsから確認できた方が楽ですよね。

というわけで今回は実際の画面をふんだんに使ってどんなものか確認していきます。

 

Log送信設定

ドキュメントにはRecovery Serviceの診断設定メニューからできると書いてあったのですが、
どこを探してもそのような項目はなかったので、Azure Monitorから設定します。

Azure Monitorの診断設定メニューからRecovery Serviceを選択します。

 

その後表示されたページで「診断をオンにする」を選択します。

 

診断設定の構成の画面が表示されますので、送信したいログの種類と送信先を構成します。
ログの送信先はLog Analytics以外にもStorage とEvent Hubが選択可能です。

 

設定する項目は以上になります。後はバックアップが実際に行われデータがLog Analyticsに送られるのを待つだけです!

 

 

Log Analyticsでの確認方法

Log Analyticsからの確認方法はきわめて簡単です。
まずログデータ自体を参照したい場合はログ検索画面より

AzureDiagnostics | where ( Category == “AzureBackupReport” )

で検索するとBackupReportログを確認できます。また、Where以下の部分を一つ上の画像のそれぞれのLog名に変更すれば各ログを確認できます。

※画像のジョブステータスがFailedなのはログをより多く溜めるために、焦ってバックアップ実行中にもう一度バックアップを走らせようとしたためです。。。

 

続いて、グラフィカルに表示するにはどうすればよいのかです。
Azureから直接管理ソリューションをデプロイできればいいのですが、まだポータルに搭載されていないのでMSがGithubで公開しているテンプレートからソリューションをデプロイします。

GitHubのリンクは以下です。
https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/101-backup-oms-monitoring

GitHubのReadmeに[Deploy to Azure]ボタンがありますので、そちらをクリックすればポータルのテンプレートからデプロイ画面へ遷移します。

リソースグループとワークスペースのロケーション、ワークスペース名をパラメーターとして要求されるので入力し、ページ下部の[購入]を選択します。

※購入といっても決して別途料金が発生するわけではありません。おそらく直訳した結果かと思います。

 

ソリューションのデプロイだけなので10秒くらいで完了します。

完了後OMSポータルを確認するとトップページにバックアップのソリューションが表示されます。

 

ソリューションを選択するとより細かく確認できます。

初期データを全てプッシュするまでに約24時間必要なため、現状一部しかグラフで見れておりませんが、1日経過すれば基本的には見れるようになってると思います。

 

公式の画像を流用する形になりますが、実際にデータが反映されると以下のような表示になります。

 

終わりに

今回は画像をふんだんに使ったために少し長くなってしまいましたが、内容としては以上になります。
Log Analyticsも段々と対応する幅を広げていっている感じがしますね。
この調子でどんどんと一元化を進めていければ運用や分析なども楽になるのかなと思います。

また何かあったら記事を更新いたしますので、ご確認頂ければ幸いです。
ではでは。